事務局ブログ

桜井充メルマガ:「動いて行きたい」

2015年05月21日 (木) 18:22
 3月に帯状疱疹になり、健康に不安を感じたため、10年ぶりぐらいに定期健診を受けた。体重も減り、走っているために体脂肪も下がっていた。超音波の検査では、脂肪肝でもないと言われ、結果が出ると嬉しいもので、これからも走り続けようと思った。他の検査は後日結果が分かる。
 
 さて、日曜日に大阪都構想の住民投票が行われた。僅差ではあったが否決された。正直言って、私はもう少し差がつくと思っていたのだが、自民党の支持層の40%が賛成票を投じたので、このような結果になったのだと思う。これは自民党大阪府連は反対していたが、官邸が賛成していたからであろう。
 
 この結果を受けて、維新の党は江田代表が辞任することになり、新しく松野幹事長が代表に就任することになった。また、橋下大阪市長は政界を引退することを表明した。このことは今後の政治状況に大きく影響するために、マスコミ関係者は私も含めて取材に当たっている。
 
 私は野党を再編した方が良いと思う。最近時間ができたので地元を歩いているのだが、多くの支援者から言われることは、安倍政権に対する受け皿を作って欲しいという事である。勿論、わずかではあるが、民主党に期待する声もある。
 
 集団的自衛権や憲法改正、原発再稼働やTPP等、個別の問題では、反対かあるいは賛否が拮抗しているにも関わらず、安倍政権が圧倒的な支持を得ている。これは、積極的な指示ではなく、民主党よりはましであろうという消極的支持であり、不満の受け皿がない事が一番大きな理由なのだと思う。
 
 このような国民の皆さんの声に応えていく事が私たちに課せられている使命であり、まずは野党の再編を行うべきだと考えている。小選挙区制になり自民党を離党する人は、なかなかいないかもしれないが、小選挙区制なので、一回の選挙で与野党が逆転することもありうる。大きなうねりを作っていければと考えている。
 
                                          参議院議員・医師 桜井充
 
 
 
【秘書のつぶやき】
 桜井充秘書小林です。
 先日、官邸に小型無人機「ドローン」が侵入した事件が大きな話題になりましたが、本日は「ドローン」をお祭りで飛ばそうとした少年が逮捕されました。また、空撮映像を伝送するための無線設備をドローンにとりつけ、無免許で無線局を開設したということで経営者が書類送検されたという報道もありました。国民が新技術を使用するにあたり、知らなければならない法律が周知しきれていないように思います。官報やホームページで広報しているとはいえ、国民に法律を周知させることは大変難しい問題です。
 ところで、「プレデター」と呼ばれる無人攻撃機が度々報道で名前が挙がりますが、本国の基地にいる操縦者は戦地に赴いていないにも関わらず、戦地に派遣された兵士よりもPTSDで苦しむ割合が高いようです。任務と現実社会とのギャップが大きすぎるということが大きな原因のようですが、これまでにないリスクがいろいろ出てくるのかもしれません。
 さて、来週の当コラムには当事務所の沼澤君が登板します。ご期待下さい!(小林太一)