事務局ブログ

桜井充メルマガ:「書くことも不安になっています」

2010年10月14日 (木) 17:20
 副大臣に就任し、自分の発言の影響力の大きさに驚くとともに戸
惑っている。記者の皆さんにいろいろ聞かれるので、丁寧に答えた
いと思っているのだが、答えれば答えるほど、ある部分だけ切り取
られることもあり、私の意図したことと全く違って伝えられること
もある。聞かれたら答えたいとは思うものの、何も答えないことが
一番無難なのかもしれないと思うほど悩んでいる。

 先日も何気なくワイドショーを見ていたら、私の発言がテレビで
取り上げられていた。一昨日は、テレビ番組の出演後、20人近く
の記者に囲まれた。自分自身は何も変わっていないのに、当たり前
のことかもしれないが、地位により周囲の対応はまったく違ってい
る。

 しかし、逆に言えば、自分の考えている政策を実現できる立場に
なったことも事実である。そう前向きに捉えていかないと、気分が
滅入るだけである。現在、話し合いを始めた政策が幾つかあるが、
政策金融がその中の一つである。

 政策金融は中小企業政策の大きな柱であり、極めて重要である。
民間の金融機関が十分なリスクを取って貸し出してくれれば全く問
題はないのだが、今の金融規制では、十分なリスクを取れなくなっ
ている。その点から考えると、公的金融機関や信用保証制度の果た
すべき役割は非常に大きくなっている。

 現業の成績が悪ければ、民間の金融機関が融資を行わないことは
仕方がないかもしれないが、一方で、現業が悪いので、職の転換を
図りたいと思っても、民間からの融資はなかなか受けられない。こ
れでは、成績の悪い現業にしがみつくしかないのである。

 このような、企業内ベンチャーと呼べば良いのかもしれないが、
新しい事業を行うための資金の提供は必要であり、公的金融機関が
担っていかなければならないのかもしれないと考えている。このよ
うな検討中の課題を書いても取り上げられる可能性があるので、文
章を書くのも怖くなっている。

 いずれにせよ、社会の在り方を変えられる立場になったので、こ
の閉塞感のある状況を打破するために、頑張っていきたいと考えて
いる。
                 参議院議員・医師 桜井 充
 
 【秘書のつぶやき】
 桜井充秘書小林です。
 先週末の久しぶりの連休は、大和証券時代から大変お世話になっ
ている方々へのご挨拶と、サルサのイベントに参加するため、浜松
に行って参りました。とても温かく迎えて頂き、大変嬉しかったで
す。また、毎年デモンストレーションをしているサルサのイベント
では、今年は得意のサルサでなく、「オタ芸」(アイドルのコンサ
ート等で、一部のファン(男性だけでない)による独特なダンス)
をアレンジしたものに初挑戦してみました。
 実はオタ芸にもいろいろ技があります。例えば、手拍子の「パン
・パパン・ヒュー」の略である「PPPH」というもの等、様々で
す。実際に踊ってみると、かなりの運動量があることに驚きました。
急にやると体を痛めてしまうではないかと思ったほどです。これを
機に、海外からも注目されているオタク文化と経済についても勉強
してみようと思います!(小林太一)


_______________________________

★事務局より


市民フォーラムのご案内

 この度、桜井議員が代表を務めます市民団体「市民政策調査会ミ
ヤギ」が『アルコール・薬物依存を考える!!』というタイトルで
市民フォーラムを 開催いたします。詳細は以下の通りです。
  ご参加頂ければ幸いです。


~~以下、ご案内(転送歓迎)~~

【第102回市民フォーラムのご案内】

 アルコール依存症、薬物依存症という病をご存知でしょうか?
 お酒や薬物なしには生活ができなくなってしまい、自分の意思で
止めることが難しくなる病気です。アルコールや薬物に頼らなけれ
ば生きていくことが難しいと感じてしまう考え方や、生活環境と関
係が深いといわれており、治療には長い年月と周囲の方々の理解が
必要です。
 今回、お酒に悩む人たちのための自助グループであるNPO法人
宮城県断酒会理事長の大平氏、薬物依存に悩む人たちの回復施設で
ある仙台ダルク代表の飯室氏をお迎えし、ご自身の体験談を含め、
お話をいただきます。


日 時:平成22年10月16日(土) 
    14:00~16:30

場 所:シルバーセンター 第一研修室
      
第1部 <講演>
    講師:仙台ダルク 代表 飯室 勉 氏
       NPO法人 宮城県断酒会 理事長 大平 孝夫 氏


第2部 <パネルディスカッション>
    パネリスト:仙台ダルク 代表 飯室 勉 氏
          NPO法人 宮城県断酒会 理事長 大平 孝夫 氏
    
    コーディネーター:参議院議員・医師 桜井 充