事務局ブログ

桜井充メルマガ:「来年度予算の査定中です。」

2010年11月04日 (木) 18:56
 先週の土曜日、地元で中小企業の勉強会を行った。始めてから3
4回になるのだが、今回がこれまでの最高で、100人ぐらいの皆
さんが出席してくださった。与党になると違うものだと感じている
し、始めた当時は20人ぐらいだったので、感慨深いものがある。

 久しぶりにお会いする方も多く、副大臣の就任のお祝いをされる
ことと同時に、日銀の総裁の隣に座っているってすごいですねと言
われた。いつもお世話になっている、立教大学の山口義行教授から
も、金融のことが何も分からなかった桜井さんが、日銀の総裁の隣
に座っている姿を見て感動したとも言われた。

 今日、明日と日銀の政策決定会合が行われる。先般決定した
追加金融緩和策を速やかに実行に移すため、本来の予定を
前倒しして行う事になったものだ。この会合には、政府関係者
として、財務省と内閣府から一名ずつ出席することになっている。

 政府関係者からの発言の時間もあるのだが、私たちは委員各位の
意見を聞くことが、仕事の中心となっている。守秘義務があるので、
議論の内容については書くことができないが、朝9時から4時間ほ
ど行われ、各委員が熱い議論を戦わせる。

 実は、この会合には、私が出席する際には事務方が同席しないの
で、全て私がメモをとってこなければならず、高校、大学とまとも
に授業に出ずにノートなど書いたこともない私にとっては本当に大
変な作業である。

 自公政権時代から、日銀と政府と一体となって経済対策に当たっ
てきた。これは現政権になっても同様である。しかし、自律的回復
には至っておらず、どこに問題があるのか、新しい視点から分析を
行わなければならないと考えている。現在、来年度予算の査定中だ
が、これまでとは違う視点で、作業を行っていきたいと思っている。

                 参議院議員・医師 桜井 充
 
【秘書のつぶやき】
 桜井充秘書小林です。
 先週のメルマガにも書いた桐生市の自殺した女の子がいじめられ
た原因の一つに、「国際結婚」が背景にあったと伺える報道があっ
たので、国際結婚の現状について調べてみました。
 実は、現在、国際結婚は全体の婚姻数の5%、東京23区内だけ
では10%を超えてきています。昨年、ハーフやクオーターの人達
だけで結成された会に参加する機会があり、いろいろお話を伺った
ことがあったのですが、自分自身は、どの国の人間なのか、日本国
籍を持っているのに見た目だけでいじめや特別扱いされる事等、様
々な悩みを抱えているようでした。
 日本国内でさえ、お互いの地域文化を理解し合うことがまだまだ
難しいことを考えると、他者を認めたり、異文化を理解するための
教育がさらに必要ではないかと思います。もちろん、日本自身をも
っと知らなければなりませんが。
 外交をはじめ、日常生活でもお互いのメンツを潰さないようにす
ることもいわゆる政治というのは簡単ですが、本当に難しいもので
す。(小林太一)