事務局ブログ

桜井充メルマガ:「社会保障と税の一体改革の審議を開始」

2012年07月12日 (木) 19:35
 昨日から、社会保障と税の一体改革法案の審議が始まった。昨日と明日が本会議、来週の水曜日から委員会での審議が始まる。私はその委員会の筆頭理事を務めることになり、日程や時間の調整に追われている。
 昨日の理事懇談会で、18日と19日に基本的質疑を行う事で合意をしているが、各党、各会派への時間の割り振りの協議はまだ続いている。各党で、様々な思いがあるので、そう簡単にはまとまらない。
 私は、このままの予定でいけば、18日の9時から質問に立つことになっている。党を代表して質問に立つので、賛成の議員そして慎重な議員、それぞれの立場を代弁しなければならない。そういう意味では、質問の内容を決めるのも大変である。
 地方に行く機会も増えている。今週月曜日は、十和田湖の観光関係の皆さんとの意見交換の後、青森県医師会で講演させて頂いた。懇親会や二次会も盛り上がり、また青森に来てほしいと言われた。
 来週末は、高知県医師会で講演させていただくことになっている。その翌日は、高知県内の視察と知事との懇談を行う予定。その後仙台に戻って、支援者との懇談。翌日の午前中は、仙台北部郵便局長会で講演を行う事になっている。
 その翌週は、土曜日に有床診療所の会議が宮崎で開催されるので宮崎へ。日曜日には長崎に移動。翌日は委員会が行われる予定なので、その日のうちに東京に戻らなければならない。月曜日の夜は水戸での講演が待っている。忙しいけれど、充実した日々を送っております。 
                  参議院議員・医師 桜井 充

【秘書のつぶやき】
 桜井充秘書小林です。
 大津市で痛ましい自殺が起きました。悪質な加害者達は本当に許し難い限りです。また、いじめは誰もが人生で経験する可能性が高いものですが、それを指導する事が職業である教師は一体何をしていたのでしょうか。
 さて、見本であるべき大人社会。夫婦内での身体的暴行(経験率26%)、企業内いじめ(職場で見た15%)、下請けいじめ(勧告件数過去最高)…新成人へのある調査では、いじめに対し「周囲の大人は何もしてくれない」との回答が76%もありました。全く情けない限りです。自分も含めてですが、我々一人一人の周りにあるいじめを無くしていくことこそが、いじめ根絶の第一歩だと思います。過去に流行いたしましたが、もう一度「いじめカッコ悪い」を!(小林太一)