事務局ブログ

桜井充メルマガ「許されない行為」

2022年03月03日 (木) 19:58
ロシアによるウクライナへの武力攻撃が続いている。昨日、参議院でもロシアに対する非難決議を採択したが、ロシア側にどんな言い分があろうとも、武力による侵略であり、断じて認められない。
 
プーチン大統領は命令するだけだから、痛みは伴わないのだろう。犠牲になるのは市民である。なぜ、市民に犠牲を強いなければならないのか。市民の痛みを感じない人が権力の座にあることほど恐ろしいことはない。プーチン大統領は核の使用までほのめかしているが、核を使用したらどれほどの被害が出るのか、分かっているのだろうか。
 
一方で、ロシア国民の中で、この戦争を望んでいる人はどれだけいるのだろうかとも思う。ロシアに対しては米国や西欧諸国を中心に大規模な経済制裁が行われており、日本も協調している。それらはロシアという国への打撃になるだろうが、同時に、戦争を望まないロシアの人々の生活を脅かすことにもなるのである。
 
経済制裁の必要性は理解しているが、それでも、プーチン大統領の一方的な侵略戦争に巻き込まれる形になった国民のことを考えずにはいられない。