事務局ブログ

桜井充メルマガ「政見放送」

2022年05月19日 (木) 20:00
参議院の選挙制度改革により、3年前から選挙区の候補者の政見放送の決まりが変更された。それまでは、テレビ局に行って5分半の演説を行い、収録したものを流すという、スタジオ録画方式に方法が限られていた。

この方式は、候補者からしてもかなり大変なのだが、それ以上に、映像に手話通訳も字幕も付けられないという問題点があった。これを解決するために、衆議院選挙と同様に、作成したビデオを持ち込む方式を取れるようになったのである。

私は、スタジオ録画方式の政見放送も決して嫌いではなかったが、5分半の演説原稿を用意し、それを覚えて一発で収録するというのは、確かになかなか大変なことである。テレビカメラの脇に原稿を置いて、いざというときにはそれを読みながら収録するなど、みなさん様々な工夫をされていた。

演説をするほうにも苦労があったが、5分半、ただ演説を聞くというのも大変であると思う。そういうことから考えれば、候補者の政策や実績を、各々が工夫して作った映像で知ることができる新しい政見放送のありかたも、いいものではないかと思っている。