事務局ブログ

桜井充メルマガ:「一日も早い復旧を」

2011年09月08日 (木) 17:23

 台風12号の被害で、お亡くなりになった皆様に心からお悔やみ申し上げます。また被害にあわれた皆様に、心からお見舞い申し上げます。ライフライン等、一日も早い復旧を実現できるように努めていきたいと思います。

 さて、今回の人事で、参議院の政策審議会の会長そして民主党の政調会長代理を務めさせていただくことになりました。これまでの政府の政策一元化から、与党の事前承認が必要になり、政調の機能が強化されることになりました。とても重い役職に就かせていただいたと思っています。

 これまでは、与党内の意見がなかなか反映されず、閣外の議員は相当不満を持っていました。その意味では、今回の組織の改正は良かったと感じています。自民党のシステムと変わらないとマスコミは批判していますが、新しいシステムを試行し、不都合があればそれを修正していく事は当然のことだと思います。

 問題は、族議員を生まないようにして行く事です。このためには、政策決定に至るプロセスを透明化する、つまり情報公開が重要です。情報公開をきちんと行えば、誰が横やりを入れて、法律案や政策が歪められていくのかが良く分かるからです。

 いずれにせよ重要な事は、国民の皆さんにとって必要な法律や政策を、スピード感を持って作っていく事です。私たち医師は、診断や治療ミスがあれば、患者さんが目の前で、症状が悪化し、最悪の場合には亡くなってしまいます。このぐらいの危機感を持って、今回の任務にあたって行きたいと考えています。

                  参議院議員・医師 桜井 充

【秘書のつぶやき】
 桜井充秘書小林です。
 桜井が民主党政策調査会長代理、政策審議会長という民主党の政策に対して大きな責任を持つ役職に就きました。与党の政策は政府の政策に対して極めて大きな影響を与えますから、今回の役職は前回の財務副大臣時代とはまた違う大変な重責があります。さらに今回は質問に答える側から質問する側に回ることからも、より広い分野を勉強し、解決策を見いだしていこうと思っております。
 さて、スイス国立銀行がスイスフラン高へ歯止めをかけるため、1ユーロ1.20フランを上限に設定するという強硬策を打ち出しました。これはギリシャの財政危機などを背景にユーロが売られ、フランが買われていたのでした。現在、ギリシャの2年債においては利回りが50%を超えるという事態になっています。世界経済が極めて難しい状況下に置かれているのは間違いありません。(小林太一)
 

   ≪ 市民フォーラムのご案内 ≫
 この度、桜井議員が代表を務めます市民団体「市民政策調査会ミヤギ」
が『~被災地域を支援する ~東日本大震災と自衛隊の災害派遣活動!』
という タイトルで市民フォーラムを開催いたします。
 詳細は以下の通りです。是非ご参加ください。


~~以下、ご案内(転送歓迎)~~

【第110回市民フォーラムのご案内】

 3月11日の東日本大震災の発生以来、陸上自衛隊・海上自衛隊・航空
自衛隊より多くの隊員が派遣されました。わたしたちは、人命救助や行方
不明者の捜索、応急医療、救援物資の輸送のほか、がれき除去、給水・入
浴支援、害虫駆除など、地域の状況に応じた様々な自衛隊の支援活動によ
って支え れてきました。
 現在も、福島県では1600名以上の隊員が、日々被災者の方々への生
活支援や除染支援を行なっています。
 今回は、自衛隊宮城地方協力本部より本部長の吉見氏にお越しいただき、
震災発生時より今までの自衛隊の活動についてお話いただきます。 
 ご期待下さい!!!


日 時:平成23年9月10日(土)
    14:00~16:30
    ※前回フォーラム会場にてご案内いたしました日程より、変更と
     なっております。ご確認の程よろしくお願い致します。

場 所:仙台市中央市民センター 第2セミナー室
    (住所:宮城野区榴岡4丁目1-8)

第1部 講演
    講師: 自衛隊宮城地方協力本部 本部長 吉見 隆 氏

第2部 パネルディスカッション
    パネリスト:自衛隊宮城地方協力本部 本部長 吉見 隆 氏
    コーディネーター:参議院議員・医師 桜井 充