事務局ブログ

桜井充メルマガ:「不公平を是正するのが民主党ではないのか 」

2011年09月29日 (木) 17:49
不公平を是正するのが民主党ではないのか  
 昨日久しぶりに予算委員会で質問した。与党らしくと言われて、とても苦労した。昔の与党のように、ヨイショだけしているのではつまらないし、かと言ってあまり批判もできないし。
 反響が一番大きかったのは、何と言っても保険料の問題だった。税と社会保障の一体改革の中で、突然100円の定額支払制度が入っていた。これは、最初の100円は保険適応にならない制度で、実質窓口負担の引き上げである。
 これは、外来患者さんに対する高額療養費負担の引き下げのためとしているが、何故、他の患者さんがそれを負担しなければならないのだろうか。その財源は不公平を是正すれば生まれてくる。その一つが医療の保険料である。
 中小企業のサラリーマンの皆さんの平均報酬は371万円、保険料率9.34%、本人負担はそのうち50%である。一方、国家公務員の平均報酬は658万円、保険料率6.71%、本人負担はそのうち50%である。所得の多い人の方が、保険料率が低いのはおかしな話である。何故ならば、社会保障制度は所得の再配分機能を有しているからである。
 さらに、皆様のNHKは、平均報酬1014万円、保険料率5.35%、本人負担はそのうち38%である。公務員よりさらに優遇されている。受信料を払っている人と比較して、保険料率が優遇されているのはおかしな話だし、しかも給料が高すぎる。
 このような不公平を是正すれば、実は定額支払制度は不要なのである。何故このような不公平に着手しないのかと言えば、既得権益者の声が強いからである。厚生労働省は既得権益者に弱く、さらに言えば圧力団体に弱い。
 その結果、誰が損をしているのかと言えば、声の小さい患者さんたちになってしまうのである。以前からこのような不公平を指摘していた。しかし、マスコミは取り上げることはしない。何故ならば、彼ら
も恵まれているからである。
 昨日のTV中継入りで質問したのは、あの場面を使わなければ、国民の皆さんに伝えることができないからである。このような不公平を是正していく事が、私たちの役割である。皆さんと一緒に戦っていき
たいと考えている。
                  参議院議員・医師 桜井 充
【秘書のつぶやき】
 桜井充秘書小林です。
 昨日は一年ぶりに櫻井が予算委員会で質問に立ちました。委員会終了後、お褒めのお電話が殺到し、翌日の新聞紙上ではどこまで取り上げてくれるのかと期待して見てみましたがあまり掲載されておらず、結局は政策よりもスキャンダル的な観点がないと書いてくれないのかなと毎度ながらではありますが、少々がっかりいたしました。
 さて、今週末は小生が浜松にいた頃から毎年企画に携わっていたサルサのイベント(今年で10周年)に行って参ります。当時、全く見ず知らずの土地に降り立ったときはどうなるかと本当に不安が渦巻いていたものですが、約10年経った今でもたくさんの方々とのご縁が続いていることは嬉しい限りです。最近は仕事量が以前よりもさらに膨大になり、しかも運動不足で体調も思わしくなかったので、少し体を動かして参ろうと思います。(小林太一)
________________________________

★事務局より
◇市民フォーラムのご案内
 この度、桜井議員が代表を務めます市民団体「市民政策調査会ミヤギ」が『~学生が創る未来~七ヶ浜町の震災復興プラン』というタイトルで市民 フォーラムを開催いたします。詳細は以下の通りです。ご参加頂ければ幸いです。

~~以下、ご案内(転送歓迎)~~
【第111回市民フォーラムのご案内】
 3月11日の東日本大震災は各地に甚大な被害をもたらしました。特に沿岸部では、未曾有の大津波による被害が大きく、三方を海に囲まれた七ヶ浜町 は未だ大きな爪痕を残しています。
 現在、復興に向けて歩み始めている七ヶ浜町ですが、震災以前の七ヶ浜町に戻すだけではなく、より安心・安全で魅力的な町を創ることが求められています。今回は現役大学生が実際に町を歩き、肌で感じ、七ヶ浜町の現状を調査・研究致しました。
 10年後、20年後を担う学生たちの目に、今の七ヶ浜町はどう映ったのか?未来の七ヶ浜町に何が必要と感じたのか?学生ならではの視点でまとめた震災 復興プランを発表致します。
 ご期待ください!!

日 時:平成23年10月8日(土)14:00~16:30

場 所:仙台市民会館・第2会議室
(住所:仙台市青葉区桜ヶ岡公園4-1)
      
第1部 研究発表
    『美しい町をもう一度~七ヶ浜町の震災復興プラン~』

発表者:東北学院大学法学部1年 由佐 充彦
    東北学院大学法学部1年 佐藤 優薫 
    東北大学工学部1年    物部 貴之
    東北大学工学部2年   沼賀 菜々美

       (桜井充事務所インターン生4名)

第2部 パネルディスカッション
        パネラー:発表者4名
    コーディネーター:参議院議員・医師 桜井 充