事務局ブログ

桜井充メルマガ「オミクロン」

2021年12月24日 (金) 13:23
新型コロナの変異株であるオミクロン株の国内感染を防ぐため、厳しい水際作戦を行っていたが、ついに市中感染の患者さんが確認された。各国の感染状況を参考にすると、これから急速な勢いで拡大する恐れがあるのではないかと思われる。
 
海外ではオミクロン株に罹患した方が亡くなられたとの報告もあるが、その方には基礎疾患があった。こうしたことから考えると、デルタ株よりは死亡リスクが低いかもしれない。ウィルスは感染力が強くなると弱毒化してくる。何故ならば、感染した人が亡くなってしまえば、ウィルスは生存できなくなってしまうからである。
 
感染者が増えても重症化しないのであれば、過剰に恐れる必要はなくなるが、まだ断定できる段階ではないので、用心するに越したことはない。
 
新型コロナワクチンの3回目の接種が始まっている。ワクチン接種後、半年ほど経過すると、感染抑制効果は半分程度になるが、重症化や死亡に対する効果は80%以上と言われているので、やはり予防接種は重要であり、しっかりと行っていくべきなのだと思う。
 
私はコロナに感染し、すでに抗体を獲得していたこともあり、ワクチンは1回しか接種していない。年明けに2回目の予防接種を予定しているが、年内にまた抗体検査を受け、抗体量を確認するつもりである。基準値を超える抗体が確保されていればと願っている。